順送プレス加工・金属プレス加工の成興

抵抗器の関連情報

抵抗器(ていこうき、英: resistor)とは、一定の電気抵抗値を得る目的で使用される電子部品であり受動素子である。通常は「抵抗」と呼ばれることが多い。 電気回路用部品として、電流の制限や、電圧の分圧、時定数回路などの用途に用いられる。集積回路など半導体素子の内部にも抵抗素子が形成されているが、この項では独立した回路部品としての抵抗器について述べる。
※テキストはWikipedia より引用しています。

順送プレス加工・金属プレス加工なら、いち早く中国工場を立ち上げ、実績豊富、創業63年の株式会社成興にお任せください。日本工場と変わらない高品質の加工品を低価格でご提供致します。順送プレス金型製作やプレス加工品の製造に力を入れております。

まずプレス加工というのは、上下に分かれているかな形をつけてその金型の間に材料を投入していき挟み込むことによって製品を作るというやり方になります。これ自体はそれほど珍しいことではないです。すでに技術が確立されていて、それこそ簡単にできるようになっているといえるでしょう。しかしながらその上で様々な技術というのがそこから更に発展してきているということによって、より多くのそして精密なプレス加工というのができるようになっています。その一つのやり方としてあるのが、順送プレスと呼ばれるものであり、これは複数の行程を一つの金型でやるということになります。例えば外形抜きとか曲げとか穴あけということを一つのでやってしまうということになります。そして、無人で加工を行うことができるようになりますから、ゴミ袋順送りするには金型の中で材料が繋がった状態で送りながら加工するため、製品と製品のつなぎの部分にはバリが発生し易くなります。順送プレス加工での作業というのは、明確に単発プレス加工とは違う部分として人の動作がいらない部分が基本的に一気に増えることになります。設備の指令を出すので製品が加工されますのでセンサーを使用することによって、どんどん品質の向上を目指すことができるようになっています。順送プレスをしていくことによって、かなりコストカットに繋げることができるようになりますから、基本的にはよいのですがどうしてもそんなに柔軟性があるというわけではないです。一度決めてしまうとそんなに簡単に変えることができるわけではない、という点があるわけです。そうした部分をよく理解した上でプレス加工の方法の一つとして知っておくとよいでしょう。これによってかなり効率的に製造をしていくことができるようになります。設計の段階からその製造にしっかりとフィットする金型を作る必要性があると言う事になりますが、それが上手くできれば最高に効率的になります。
【詳細情報:ビジネス