新築一戸建てなど東大阪市・大東市の不動産なら【東大阪不動産販売】

不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東大阪市・大東市で新築一戸建てをはじめ不動産をお探しなら【東大阪不動産販売】にお任せ!最新情報も毎日更新♪仲介手数料が「最大無料、または半額!」お客様に気持ちよくご購入いただくことが弊社のモットーです。会員登録されますと限定物件がご覧になれます。

不動産は資産の一つです。他にも資産は株式や債券などいろいろあります。それぞれメリットやデメリットなどがありますが、不動産にもそれがあります。まずはメリットですが、不動産は流動性の低さがまずあるのです。流動性の低さとは、すぐに現金化できないということです。仮に、自分の所有する不動産を売りに出したとしても、すぐに売れるとは限りません。急ぎで売りたいときには、不動産買取業者に買い取ってもらえれば、現金化することが出来ます。しかし、立地などが悪ければ思っていたほどの高値で売却はできるとは限らないのです。このように流動性の低さは、現金化しづらいというデメリットがあるのですが、それがメリットにもなるのです。つまり、現金化しづらいという事は、資産を長期にわたって温存できるということでもあるからです。例えば、1000万円を現金で所有していると、あっという間に使ってなくなってしまうというような話はよくあります。しかし、1000万円分の不動産であれば、すぐになくなってしまうことはありません。ですから、資産家の人たちは資産を守るために、不動産で所有している人が多いのです。その不動産を人に貸して、家賃収入を得ている人が多く、それが永年にわたって続けば、資産を守るだけではなく、家賃収入だけで暮らしていけるのです。資産家でなくても、一般の人ならば注文住宅や、建売住宅を住宅ローンを使用して購入することがあるでしょう。住宅ローンは数十年続く長いものです。しかし、完済すればその土地や建物は自分の持ち物になります。それは売却しない限りは半永久的に、その家族や一族が継ぐことができるのです。現金で持ち続けるのは至難の業ですが、不動産で所有していれば、資産を温存させることがこのように出来るのです。ただし、日本では土地の二極化が進んでおり、もしも現金を不動産で持ちたいのであれば、資産価値も上昇すると思われる土地を購入するようにしたいものです。
【詳細情報:住宅